老人ホーム 食事

食事について

 

食事は施設の中で過ごす老人にとっても、楽しみの一つです。

 

施設内に、管理栄養士と調理員がいて
食事をその場で作ってくれる老人ホームがよいですね。

 

アレルギーなどの問題があれば、予め、入所前に伝えておくことも大事です。

 

普段は、和食中心で季節の食材を使った食事も用意されます。
老人ホームによっては、入居者さんの希望を聞いてくれて
月に何度か、少し豪華な食事が出たりするところもあります。
選択食、バイキングなどを工夫している施設もあります。

 

特別食といって、特注の寿司、鰻丼、ビフテキとかを注文できるところもあるようです。

 

食事介助が必要な場合

 

手の麻痺や思うように口に運べない入居者さんには
従業員のヘルパーさんが食事介助をしてくれます。

 

ただ、食事の時間は、ヘルパーさんも忙しいこともあるので
その辺りは、見学の際に、きちんと介助してもらえるのか?

 

食事の時間、何人くらいのヘルパーさんが食堂にいてくださるのか?
など、丁寧に質問しておくことも大事です。

 

食事が口に合うかどうかは体験入居がおすすめ

 

気に入った老人ホームがあれば、体験入居できれば2〜3日でも
実際にそこで暮らしてみるのが一番です。

 

そこで、食事の味や好みもわかりますし
食事面以外でも、見学だけではわからないことも
見えてくるからです。

 

気に入った老人ホームで、最終的に入居を考える場合は
体験入居できるか、施設に問い合わせてみましょう!

 

 

 

有料老人ホーム・介護施設情報 全国23,000件以上!

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅

特別養護老人ホーム、その他の介護施設等を無料で検索できてとっても便利。

 無料で全国23,000件以上の老人ホームを検索してみる!

※無料資料請求の方法はコチラを参考にしてください。