老人保健施設 老健 費用

老人保健施設とは

老人保健施設は、「老健」とも呼ばれ、施設サービス計画に基づき、可能な限り、居宅における生活への復帰を念頭に置いて、入浴、排泄、食事等の介護、相談及び援助、多少のリハビリや医療等を通して機能訓練、健康管理等を行い入所者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにすることを目指した施設です。

 

 指定介護老人福祉施設との違いは、介護職員が少なく、リハビリスタッフや看護師、医師等の配置が指定介護老人福祉施設より多いです。

 

老人保健施設の対象者は?

 

介護保険によって運営されているため、介護認定を受けて介護保険が適用される方が対象となります。
介護認定を受けて、要介護1〜要介護5と認定された方が入所対象者ですが、実際には要介護3以上でなければ受けられないでしょう。
ですから、入所中、介護認定の更新で介護度が軽くなった場合(要支援や自立)は退所しなければなりません。

 

老人保健施設の費用はどのくらい?

 

指定介護老人福祉施設より多少料金は高く設定されていて
食事・住居費が全額負担となり、その他の医療的な経費は介護保険が適用されるので1割負担となります。
平均して約15万円程度となります。
そして、原則的には施設内で提供される医療は包括されています。

 

老人保健施設は、リハビリ等が指定介護老人福祉施設より充実していることで、より在宅復帰を念頭に置いているため、入所期間は指定介護老人福祉施設と違い終身制ではないこと等が挙げられます。3か月ごとに退所できないかどうか判断されると言うことです。終の棲家として預けられる施設とは言いにくいのが現状です。

有料老人ホーム・介護施設情報 全国23,000件以上!

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅

特別養護老人ホーム、その他の介護施設等を無料で検索できてとっても便利。

 無料で全国23,000件以上の老人ホームを検索してみる!

※無料資料請求の方法はコチラを参考にしてください。