老人ホーム 介護 用語解説

特養の特例入所とは

特別養護老人ホームには特例入所というものがあります。これはあまり知られていませんが、次のような場合です。

 

入所申込者の介護者が急に入院したなど、入所の緊急性の高い場合

 

入所者に3か月程度入院を要する人がいて、短期入所者を臨時に入所させていたときに急に退院となり施設に帰ってくる場合

 

やむを得ない措置等(家庭内虐待等で緊急に入所させる場合)

 

そのような場合は、特養が満床であっても、特養の定員5%(小数点以下第1位切り捨て。ただし、定員40人を越える場合は2人を限度とする。)までは併設のショートステイ床の空床を特養として利用することができる制度です。

 

「この取扱いは、あくまでも一時的かつ特例的なものであることから、速やかに定員超過利用を解消する必要があること」となっています。すなわち、緊急で入れた方によって、定員超過している場合、それが解消されるまでは次の入所をさせてはいけませんよ。ということです。

 

 

有料老人ホーム・介護施設情報 全国23,000件以上!

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅

特別養護老人ホーム、その他の介護施設等を無料で検索できてとっても便利。

 無料で全国23,000件以上の老人ホームを検索してみる!

※無料資料請求の方法はコチラを参考にしてください。